02 | 翻訳・通訳

これまで、品質の高い会計関連の翻訳が必要な場合は、大手監査法人に委託するのがもっとも確実な方法でした。しかしながら、グローバル化の進む近年の経済環境において会計関連文書の翻訳に対するニーズが増加する一方で、大手監査法人のリソースに限りがあること、また監査クライアントとの独立性確保の観点等から、受嘱不可能なケースも多く見られます。また、常に新しい商品や取引が生み出される金融の世界は、極めて専門性が高く、機械翻訳が通用しにくい分野と言えます。このため金融関連の文書の翻訳については専門的な用語や金融商品・金融取引についての知識が必要不可欠となりますが、現在の翻訳業界においては、このような知識及び経験を持っている翻訳者が不足しているのが現状です。
弊社では、大手監査法人において翻訳部門を立ち上げ、長年当該分野の翻訳に従事してきたプロフェッショナルが中心となり、特定分野に特化した専門性の高い高品質な翻訳を提供しております。


3つの特色
(1) 会計・金融分野に特化した翻訳サービスであること。特に外国企業のアニュアルレポートの翻訳は最も得意とする分野です。
(2) 翻訳者は公認会計士や関連分野での経験者でもあります。そんな翻訳者であるからこそできる深い原文理解が、正確な翻訳を裏付けます。
(3) 品質が高い翻訳を常に提供するためにピアレビューを実施すること。専門の翻訳者による翻訳をさらに経験豊富な公認会計士等がチェックすることにより、常に一定のクオリティーの翻訳を提供いたします。


主な翻訳対象文書 (日英、英日の翻訳を対象としております)
アニュアルレポート/目論見書/グローバル・オファリング関連資料/IR関連文書類/プレゼンテーション資料/金融庁提出文書 等

また、海外の公認会計士との連絡・会議や、Internal Auditorの来日時の対応、海外子会社にJ-SOXを導入する場合における会議・指導など、高度な会計知識が必要となる会議などの場合には、翻訳者の派遣も行っております。

グローバルソリューションズコンサルティング問い合わせグローバルソリューションズコンサルティング採用情報グローバルソリューションズコンサルティング会社概要グローバルソリューションズコンサルティングトップページ