05 | IPO(株式上場)支援コンサルティング

事業戦略上、重要なステップとなる株式上場。株式市場の整備が進み、経済活動の発展のためにも、社会は常に新たな企業の出現を待ち望んでいるといえます。しかしながら、そのハードルは決して低くはありません。
「膨大な準備作業と上場基準に適合した企業づくりという高い壁に果敢に取り組んでいる経営者と従業員の努力を本当に実らせたい、そのために必要なことは何でも取り組んでいく。」
それが弊社のIPO(株式上場)支援コンサルティングです。


膨大な準備作業のサポート
各規程の整備、適時開示に耐えうる経理チームの整備、関係会社の整理、事業フローの整備、社内統制組織の確立(必要に応じた組織の再編)、関連当事者取引の整理、資本政策、事業戦略、設備計画…上場準備作業には、数え切れないほどの整備・整理項目があります。主体はあくまでも経営者並びに従業員の方々ですが、専門家の知恵や経験を活かすことによって効率化を図れる事があるはずです。私たちは、準備の初期段階から、進行中のプロセスが難航している場合、最終調整を図る段階など、様々なシチュエーションにおいて、その場で必要とされているコンサルティングを提供いたします。


資本政策・事業戦略
株式上場後、どのような成長戦略を描くのか。企業戦略の重大ステップである株式上場時の資本政策は将来の成長戦略を意識したものでなければ先々に禍根を残します。企業を理解し、戦略に共感しながら最良のシナリオを描くお手伝いをいたします。


上場申請のための報告書(Iの部、IIの部)
上場申請書類の根幹となる「上場申請のための報告書」は、上場審査にあたって審査官がその企業を理解するためのベースとなる書類です。したがって、単に様式を埋めただけの書類ではなく、上場申請企業のすべてを表現する文書となっていなければなりません。そのため、申請企業とその事業内容を本当に理解し、その特徴やポイントを適切に文書化する技術が求められます。


ステークホルダー
上場準備は、社内における膨大な準備作業に加えて、取引所、証券会社、ベンチャーキャピタル等、多岐にわたる利害関係者との対外的な調整にも大きな労力を要します。
私たちは常に経営者の視点に立ち、各関係者との連携や調整面でもサポートします。


上場後の劇的変化に備える
株式上場を果たした瞬間から、企業は公器としての使命を背負うことになります。上場準備において重要なことは、単に申請書類を整えることではなく、上場後の継続的な発展と投資家保護のための的確なディスクロージャーが可能な組織を作り上げることです。上場の前後で劇的に変化する社会からの要請に耐えうる組織・機関づくりを踏まえたコンサルティングを提供いたします。

グローバルソリューションズコンサルティング問い合わせグローバルソリューションズコンサルティング採用情報グローバルソリューションズコンサルティング会社概要グローバルソリューションズコンサルティングトップページ